しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 06日

Gimlet小辞典(58) システム・エラー

システム・エラー・・・
1回目は、びっくりして、
2回目で、憤り、
3回目には、「またか」、「やっぱりね」
と、なってしまうもの。



取引しているFX会社で、昨夜もシステム・エラーが発生しました。
昨日書いたとおりに、ドル/円が、コツコツ、ズドンと下がり、あわてて行動をおこした投資家が多かったのでしょう。
「アクセスが集中して云々」とのコメントが、あとから発表されましたが、「またかよ~」という感じでした。
3月に口座を開設したばかりの会社なのですが、不具合はこれで、○回目。
会社の名誉のために回数を示すのは控えますが、ちょっと多すぎます。

外国為替取引を始めてみようかなというときには、まず、どの業者がいいか検討しますよね。
ネットで検索すれば、業者比較のサイトがあって便利です。
手数料やスプレッドやスワップ等を簡単に比較することができます。
入出金の簡便さも私は気にしています。
しかし、最も大切な情報はあまり表に出てきていません。
それは・・・
取引システムの安定性です。
過去にシステム・エラーが何回あったか、ということが知りたいのです。
利用者・顧客の口コミで、あそこは不安定だと分かることもありますが、やはり当事者が堂々と公表すべきです。
もちろん、利用者・顧客のためですが、エラーの公表が各業者の自浄化にもにつながると思うのです。
東京証券取引所でもエラーがあるくらいだから、仕方ないよ、では困ります。
関係者のみなさん、ぜひ御一考ください。

冒頭に、3回目には「またか」、「やっぱりね」、と記しましたが、今の世の中、こういうふうに感覚がおかしくなってきていませんか。
近親者・家族内での悲惨な事件、下校時の子供の連れ去り、簡単に侵入できる学校、子供たちの万引きとは呼べない大がかりで大胆な窃盗、重要なデータのネット流出、公務員の経費使い込み、警察官の犯罪、アナウンサーの読み間違い、テレビのテロップ・字幕の表記ミス、年金資金の不正使用、患者への点滴時のミス、治療対象患者の誤認、審議レースでのJRAの不可解な判断、報道ではなくてヴァラエティ番組になっているNHKを含めた各局のニュース・・・・

挙げればキリがないですが、どれも、「またか」、「やっぱりね」でやり過ごしていますよね。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-05-06 10:07 | Gimlet小辞典


<< 日本で伸びる会社      ショートが苦手 >>