しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 01日

Gimlet小辞典(30) お笑い芸人

「今の若手のひとたちは、お笑い芸人と言うより、お笑いタレントと言って欲しいね」



今朝のテレビ番組で、みのもんたが、こうズバッと(笑)切り捨てていた。
「芸っていうのは、そんな生易しいもんじゃない」

しかし、『タレント』というのも才能のあるひとのことではなかったか。
「ボクたち『能』がないから、『芸能人』じゃなくて『芸人』なんです」
と言ってたひともいたね。

フリーではないテレビ局付きのアナウンサーが毎日放送している(帯番組)ニュースを担当するようになったら、『キャスター』と呼ばれるようになる。
『グラビア・アイドル』という職業名も定着した。
水商売の女性が事件に巻き込まれてニュースに登場するときは、『○○嬢』とか『ホステス』とは言わないで、たいていは『飲食店従業員』となる。

『会社員』というのはありきたりで、少しも面白くないけれども、業務範囲が広くて、それぞれの潜在能力も相当なもので、その実体は凡庸なネーミングとはかけ離れていると思う。
名前にこだわらずに、自分の仕事に誇りを持つべきだ。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-02-01 22:40 | Gimlet小辞典


<< Gimlet小辞典(31) 美人○○      Gimlet小辞典(29) 誤発注 >>