しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 24日

野菜も食べなきゃダメだぞ

キャベツを適当な大きさに刻んでから炒める。炒まってきたらよく溶いた卵2、3個を落としてすばやくかきまぜる。皿に盛って醤油なりソースをかけて食する。




キャベツと卵の炒めものは我が家の定番料理のひとつで、これまでにずいぶんとお世話になっている。ケチャップで炒めたり、だしの素(かつお風味のほんだし等)で炒めたりと、いくつかバリエーションもあり、キャベツと卵さえあれば出来るたいへん重宝なおかずなのだ。
茹でた大盛りのレタスにマヨネーズをつけてひたすら食べる。マヨネーズをつけたレタスだけでも十分なおかずになった。幼きころの夏の昼。暑くて食欲のないときでも、これだけは食べさせられた。夏のお昼と言えばトマトもよく食べた。初めて買い物をまかされたのもそのころ。いくらかのお金を持ってトマトを買いに行くのだ。何個買えるのか。使命感に燃えて一生懸命に暗算する。思った以上に買えそうだ。これだけたくさん買えるの? いっしょに来ていた兄が心配して何度もそう尋ねる。だいじょうぶか? 自信満々の私。まだ、チョコレートも買えるよ、なんて余裕のあるところを見せたりもする。

採算がとれないからキャベツを廃棄処分にするというニュースを目にした。またかよ。天候不順だとか消費量が以前よりも減っているとか理由はいろいろあるのだろうけどなんとかならないのか。
台風がバンバン来たおかげで、レタス一玉が500円~600円なんて言ってたのはつい一年前のことだ。これから毎年、毎シーズン、こんなことが続けられていくのか。政(まつりごと)をつかさどる方々は関心がないのだろうか。流通、経済が歪んでいれば修正、コントロールするのは誰なのか。放っておいたらそのうちに市場原理がはたらいて軌道修正されるという考えもある。けれども、いつまで待つんだ。毎度毎度じっとガマンしなければならないのか。
O157のときにカイワレ大根犯人説を流布させてしまい、生産者に多大な損害を与えた過去があるから農作物関連には目をつむりたいのか。自分らは料亭なんかで高そうなものばかり食っているから、どうでもいいのか。ただ単に野菜が嫌いなだけなのか(笑)。
「政治も料理も同じです」なんてのたまっていらっしゃる方がコッカイギインになったら、なんとかしてくれるのだろうか。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-08-24 21:19 | 揺さぶる言の葉


<< ピアノマン!      客寄せパンダ >>