しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 11日

ディープインパクトへの投資を考える

ディープインパクトは年内で引退することになったようですね。
三冠制覇にピークを持っていくように調整されていたのかもしれません。
このあたりで身を退くのも、いいのではないでしょうか。
しかし、次に予定されている『天皇賞・秋』への出走には、ちょっと首をひねってしまいます。



例年どおりであれば、『天皇賞・秋』というGⅠレースは府中の東京競馬場で行われます。
距離は2000メートルなのですが、東京競馬場の2000メートルには短距離の適性が必要です。
持久力だけではなく、瞬発力が必要だということです。
同じ『天皇賞』でも、春に京都で行われる完全な長距離レースとは全く性格が異なるのです。
ディープインパクトは線が細く、実際の体重も軽い(海外遠征前の『宝塚記念』時で、442キロ)。
見るからに長距離向きのサラブレッドです。
瞬発力勝負では、分が悪いのではないかと思えるのです。
470キロくらいの体が欲しいところです。

昨年の『天皇賞・秋』は、ヘヴンリーロマンスが勝ちましたが、牝馬(女の子)ながら、馬体重は510キロもありました。
牝馬でいえば、エアグルーヴも『天皇賞・秋』を勝っていますが、そのときの体重は478キロです。
スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、オフサイドトラップは470キロ台。
ゼンノロブロイは498キロ。
2年連続で勝利したシンボリクリスエスは、530キロ台。
『天皇賞・秋』の歴代の勝ち馬たちは、馬格のいいものばかりです。
ここ10年ほどでは、アグネスデジタルの452キロというのだけが唯一の例外です。

三冠馬の先輩のナリタブライアンも、競走馬生活の終盤で『高松宮杯(現在の「高松宮記念」)』という短距離のレースに出走して物議を醸したことがありました。
レース結果は、予想どおり残念なものでした。
『高松宮杯』が、結果的にラストランになってしまいました。

体の細い、マラソンの高橋尚子選手が、100メートル競走に出て好成績を収めるだろうと考える人は、『天皇賞・秋』でもディープインパクトの馬券を買えばいいでしょう。
そうは思わない人は、様子見というスタンスでいいのではないでしょうか。
『天皇賞・秋』の次のレースを狙えばいいのでないかと思うのですが。
『ジャパンカップ』あたりに出てくれば、馬券の対象になりそうです。
しかし、適性の合わないレースに出て、その後リズムを狂わす競走馬も多いです。
期待をかけすぎて大金を投じるのは控えたい、と個人的には、そう考えています。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-10-11 20:43 | 投資


<< カタカナ語辞典      オムそば >>