しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 29日

怪しい業者

さきほど、夜の8時過ぎに訪問販売らしき年配の女性がやってきました。
リフォーム業者のようです。




「こんな夜遅い時間にいきなり来られても」等のやりとり。
限りなく胡散臭さを感じました。
会社の名前も怪しいのです。
有名な某企業に関連があるかのような名前なのです。
あの有名企業にこんな関連会社、あったかな。
「悪いけど、おたく怪しいですよ。自分から名乗らないし。身分、素性も明かさないし」
首にIDカードらしきものをさげていましたが、そう言ってみました。
「○○です。信用してもらえないんですか。○○(有名企業の通称)なんですけどね」

会社から電話がかかってきたとケータイで話し始めたので扉を閉めました。

昨日家に放り込まれていたチラシを見つけて、再確認。
有名企業の関連会社であるとは、どこにもうたってありません。
本社の場所も、「なんでそんなところ」、という疑問が生じます。
「お客様相談」として、フリーダイアルの番号が書いてあります。
営業で外回りしているくらいだから、こんな時間でも誰かいるだろう。
掛けてみました。
おじさんが出ました。声から判断すると初老の方のようです。
守衛の方でした。
「会社の人間は、今いないんですよ。用件きいておきますけど」

まいりました。明日、掛けなおすことにします。
土曜日だけど営業している、という守衛のおじさんの言葉を信じて。
今、もう一度チラシを見ると、「○○だから安心」というキャッチ・コピーが目に入りました。
もし、○○と全く関係ないのなら悪質ですよね。
「不実の告知」というのがありますが、どのような場合に適用されるのでしょうか。

まだ、憶測だけです。
しかし、限りなく怪しく、胡散臭いです。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-09-29 22:16 | 家事・介護


<< AMANOGAWA      我慢はいつまで >>