しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 29日

我慢はいつまで

昨日は、ポンドの値がぐんと下がりました。
ポンド/円のロング・ポジションを取っているので、またしても含み損が拡大しました。




「またしても」、と書いたようにアゲインストの状況に慣れてしまっています。
神経が図太くなるのは、投資家にとっては必要なことなのかもしれませんが、嬉しくはないですね。
金利の低い円を売って、高金利のポンドを買っているので、金利差によるスワップという利息がつくのですが、ポンドの値、そのものがダイナミックに下がると、焼け石に水状態です。
1ヶ月ほど保有して、スワップが2万円ほどついていますが、含み損は、その数倍になっているのです。
中長期的には、ポンドはまだ上昇の余地があると考えて、ポジションを持ったままにしているのですが、投資効率が悪くていけません。
資金、財産が豊富にあればゆっくりとした投資で問題ないのですが、限られた資金で運用するからには、効率よく回転させていかなければいけません。
しかし、そこのところが落とし穴で、焦って無理にデイトレードのように短期で資金を増やそうとしても、それなりの相場経験、投資スキルがないと、上手くいきません。
今の私のレベルでは、デイトレをやっても、思うように利益につながりません。

キーワードは、「焦らないこと」。
そして、「我慢すること」。
最初にポジションを取ったときの考えを貫く。

重圧に押し潰されないように、こうやって宣言しておきましょう(笑)。

追記:財務大臣から、ユーロ高・円安を牽制する発言が、また出たようです。
    その影響か、ポンドはさらに下落しています。
    やれやれ。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-09-29 09:58 | 投資


<< 怪しい業者      閣僚就任会見に言いたい放題 >>