しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 20日

総裁選挙、圧勝ならず

自民党の新総裁に選ばれた安倍氏の得票数は464票。
党員票300と国会議員票402を合わせると702票だから、安倍氏の支持率は、
464/702 = 66%

圧勝ではなかった。
圧勝とは、次のようなことを言うのであろう。



『ダービー』は、単勝オッズ 1.1倍で、支持率 73%
『菊花賞 』は、単勝オッズ 1.0倍で、支持率 79% 
『天皇賞・春』は、単勝オッズ 1.1倍で、支持率 75%
『宝塚記念』も、単勝オッズ 1.1倍で、支持率 75%

競走馬、ディープインパクトの支持率は、こうなっている。
上記のレースはいずれも、見事1着。
三冠レースひとつ目の皐月賞でも、単勝オッズ1.3倍を背負って勝っている。
年末の有馬記念は、単勝オッズ1.3倍だったが、残念ながら2着だった。
菊花賞のように、単勝オッズ1.0倍だと、100円で馬券を買っても、100円しか返ってこない。
ディープインパクトで間違いないと、10万円投資しても、10万円のリターンしかない。
「元返し」というやつだ。
(だから、私もこのレースでは、いつもの単勝ではなく、馬単を買った)
それほど人気を集めていても、単勝の支持率は79%。
安倍氏の支持率66%なんて、まだまだ。
「政治と競馬をいっしょにするな!」
そんな声が聞こえてきそうだ。
申し訳ないですね。
ただ、「長いものに巻かれろ」で、思考停止に陥っている自民党のみなさんよりは、レースの仕方をよく知っているディープインパクトのほうが断然賢い、というのは確かな事実だ、と私は思っているのだ。
「安倍氏の支持率が70%に達しなかったのは、自民党の中にも多少はバランス感覚が働いたのだ」、という見解もあり、あまり失礼なことを言ってはいけないのかもしれないけれども。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-09-20 21:11 | 揺さぶる言の葉


<< 頭のトレーニング      財務官 >>