しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 15日

情報に振り回されない

情報に振り回されないようにしないといけない。
FX(外国為替取引)を扱っているところには、「○○レポート」というような貴重な情報が溢れている。
それらの専門的な分析を簡単に見ることができるから、ついつい書いてあるそのままの売買行動をとってしまう。
しかし、たいていの場合は、うまくいかない。



相場の動きを百発百中で完璧に当てることなど、出来るわけがない。
だから、FX取引会社や証券会社のリポートが悪いわけではない。
何も考えずに、言われたまま、書いてあるとおりの投資行動をとった自分が悪いのだ。
「ドルは堅調」と書いてある。
「○○円あたりまで上昇が見込める」などと具体的な数字が出ていたりすると、その数字に自分の考えが縛られてしまう。
たしか、「アンカリング」とか呼ばれている心理状態だ。
「よし、ドルは買いだ」
しばらくすると、あれよあれよとドルは下落する。
「おい、おい」
動揺する。
「こんなはずではない」
「違うだろ」
違うのは相場ではなく、自分の考え方。
そして、自分の投資行動。
状況がアゲインストになったときには、どう対応するか。
書いてあるそのままに行動するときには、そんなことは考えない。
「○○レポート」を、神のお告げのように妄信してしまっているからだ。

林輝太郎の『株式上達セミナー』だったかに「新聞の経済欄を見てはいけない」というようなことが書いてある。
それよりも、「自分で毎日相場の動き(株価)を記録して、変動感覚(変動を受止める感覚)を身につける」ことが大切だと説いていた。

難しいからこそ、相場はおもしろい。
いや、おもしろいなんて、言っていてはダメだ。
もっと、淡々とやらないといけない。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-09-15 23:22 | 投資


<< 止まない雨はない      わかって下さい >>