しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 14日

わかって下さい

なすびとえびの天ぷら。そして、おにぎり。
少し遅い昼食をとっていると、FMラジオから懐かしい歌が流れてきた。
小椋佳の『揺れるまなざし』だ。
この曲は、久しぶりに聴いた。
ほほう、こんなアレンジだったか。今聴くと、ちょっとショボイかな。
『揺れるまなざし』はすぐに終わり、続いての曲は、丸山圭子の『どうぞこのまま』。




『どうぞこのまま』は、ミディアム・テンポのナンバーだ。
ボサノヴァのリズムにのって、しっとりと歌われる。
アダルトでムーディ。
丸山圭子の歌声に、ふぅ~っと吸い込まれる。
地味な歌手のこの曲が好きだ、という同級生の女の子がいた。
センスがいいなと、その子に好感を持っていたことを思い出す。


貴方の愛した 人の名前は
あの夏の日と共に 忘れたでしょう


厳かなイントロに続いて、張りのある高音の声で歌い始めたのは因幡晃だった。
曲は、『わかってください』。
切ない歌声に愁いを帯びた旋律。
背筋に震えが走る。

忘れたつもりでも 思い出すのは
町で貴方に似た 人を見かけると
ふりむいてしまう 
悲しいけれど
そこには愛は見えない


過去をひきずっているのは、どちらかというと、女よりも男の方かな。

これから淋しい秋です
ときおり手紙を書きます
涙で文字がにじんでいたなら
わかって下さい


手紙かぁ。
気に入らなければすぐに削除してしまうメールでは、ドラマは生まれにくいよね。
手紙、手書きの言葉を捨てるのには覚悟がいる。
手紙を燃やすなんていうのは、よほど思い詰めた末のことだろう。
衝動的に手紙に火をつけたはいいが、炎が上がるのを見て、あわてて消した。そんなこともあるかもしれない。
手紙を書く方も、これは後々まで残るものだ、という想いがあるから、相当な時間とエネルギーを使っていた。
感情にまかせて打ち込んで、送信してしまったメールは、トラブルの元となる。
簡単で便利だけど、感情のぶつかり合いが記録に残ってしまうメールは冷酷なツールだ。


本文中の斜線・太字は、因幡晃作詞の『わかって下さい』より引用した。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-09-14 14:42 | 音楽


<< 情報に振り回されない      晴耕雨「歌」 >>