しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 24日

母親の入院している病院へ急ぐ。
11時半。もうすぐ昼食の時間だ。
為替の投資戦略を練っていたら、遅くなってしまった。



今日の昼は、残さずに食べてくれるのかな。
食介(食事介助)が終わったら、洗濯しなきゃ。
ドルもポンドも昼間は値動きしないから、投資はうっちゃっておこう。
蜂退治の詰めもしないといけない。
証券会社へ送る書類はバッグに入れたっけ。
認め印は押したよな、たしか。
ハンコ、新しいのを買うかな。運が向いてくるかもしれないし。

病院の前。車が発進しかけている。
ゆっくりと進みだす。
通りの向こうから、もう一台車が来る。
危ないな。
先の車を避けて、病院の対面にある学習塾の前に停まる。
運転席の女性がこちらを見ている。
会釈した。
眩しくて判然とはしなかったが、どうも書店でアルバイトをしている女性のようだった。
特別、美人というのではないが、印象は悪くない。
書店での働きぶりも好感度を上げる要因になっている。
昼間は、塾で働いているのか。いや、塾は昼間はやっていない。
とすれば、家族の者を迎えに病院に来たと考えるのが正しいようだ。
時間を気にかけなければ、車に近寄っていったかもしれない。
言葉を交わしたかもしれない。
時間がないことを言い訳にしている。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-08-24 21:49 | 揺さぶる言の葉


<< ハンカチ礼賛      為替取引の意義 >>