しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 14日

ジーコは何しに来てんだろう

「ジーコはブラジルから何しに来てんだぁ」

関西テレビで夕方に放送している『アンカー』。
コメンテーターとして出演している作家の室井佑月さんが、こう言い放った。
まぁまぁという感じで周りに抑えられていたけれども、もっとズバズバ発言して欲しかった。



ドイツやオランダの監督のように、過去のスター選手のカリスマ性で統率するのと、ヒディングのような策士に任せるのと、どちらが代表チームの監督としてふさわしいのかは分からない。
ただ、今のサッカー日本代表チームには、ジーコのカリスマ性は効力を発揮していないように思える。
選手の自主性に任せるという方針のようだが、効果的な作戦が立てられないのではないかとうがった見方をしてしまう。
選手の中にも、そのような思いの者がいやしないだろうか。

協会が神様ジーコを監督に据えてしまったから、サッカー関係者は誰も何も言えなくなってしまった。
たぶん、陰ではいろいろ言ってるのだろうけれども。
作家の室井さんみたいに、「ブラジルからわざわざ何しに来たんだぁ」と正面切って言うくらいのショックを与えないといけない。
プライドをズタズタにすれば、開き直って好い結果につながるかもしれない。

日本代表の勝ちパターンがどうしてもイメージできない。
いつも、何となく勝って、何となく負けている。
対戦相手は、おそらく怖さを感じていないだろう。
このあたりも改善すべきではないのかな。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-06-14 20:46 | 揺さぶる言の葉


<< Gimlet小辞典(65) 福...      日銀総裁の投資 >>