しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 16日

W杯は4年後に期待

ワールド・カップのメンバーが昨日発表された。
はっきり言って、期待していない。




このメンバーで結果を残してきたのか。
連戦連勝なんて局面が一度でもあったか。
アジアの大会ではそこそこ頑張りを見せたが、ギリギリやってあの程度だ。
どんな形でも勝ちは勝ちだが、安定感というものがない。
強さが感じられない。
冷や冷やしながら見ないといけないからこそ、サポーターも俄サポーターもサポーターもどきも、試合に引き込まれるのではあるけれども。
「絶対負けられない・・・」とは、テレビ中継での決まり文句だが、この言葉を聞くたびに虚しさを感じる。
倒されても倒されても前に出て行く、その姿勢は買いたいが、ノーガードで出て行くのが許されるのは「あしたのジョー」矢吹丈くらいだ。
矢吹丈には、クロスカウンターという起死回生、一発逆転の必殺技があったが、サッカー日本代表には見るべきものがひとつもない。
中田英はクリエイティヴな選手かもしれないが、彼に呼応する選手がいないから、ピエロの玉乗りにしか見えない。
決め事を作って、それを徹底させるのが先ではないか。
「なんとかのひとつ覚え」みたいに同じことを徹底させる。
ひとりよがりのパフォーマンスはいらない。
チームとしての約束事を何度も何度も繰り返す。勝ちパターンを確立させる。
「ひとつ覚え」の勝ちパターンさえ出来ていない彼等が、世界大会でビギナー扱いされても仕方ないのではないか。
偶然的に勝ってきたチームだ。ギャンブル的にここまでやってきたチームだ。
違うか。
こういうふうにすれが得点できる。こうすれば勝てる。
そういうパターンを頭に描くことが出来ますか?

以前(11月16日)にも書いたが、次の新しい世代には期待している。
今回メンバーから洩れた松井や、田中達也や、私の一押しの今野。
彼等なら、想像力にあふれ、創造的でバランスのいいサッカーを見せてくれるにちがいない。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-05-16 15:12 | 揺さぶる言の葉


<< 小松菜のオムレツ      Gimlet小辞典(61) 江... >>