しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 15日

今夜は冷やしうどん

暑いんだか寒いんだかはっきりしない気候。
湿度が高いのか、なんだか気だるい。
冷やしうどんで、シャキッとしたい。




湯を沸かして、うどん玉をくぐらせればいいだけで、うどんなんて誰にでもつくれる。
ただし、普通の暖かいうどんでもそうなのだが、冷やしうどんの場合は特に、だしと言うか、麺つゆと言うか、どのような味付けにして食べるかで流派が様々に分かれ、それぞれが主義主張を繰り広げるので、難しいと見る向きもある。
簡単即席流、自家製こだわり流・・・まぁ、いろいろとある。

かつおぶしや、じゃこを使って・・・なんて手間のかかることは今はやってられない。すでにあるものを使う。
まず、取り出したのは、ぽん酢。
鉢の中へ適量。
次に、味噌。 
田舎味噌がずっと残っている。使う機会があまりなかったのだ。こんなときにでも使ってやらないと。
田舎味噌。これは白でも赤でもない、いわゆる、合わせ味噌というものだったと思う。
まぁ、とにかく、ぽん酢に味噌を加えて混ぜる。
だしはこれだけ。
茹で上がったうどんを流水で冷やし、ぽん酢と味噌の連合軍が待ち構えているところへ放り込む。
これで、できあがり。
ぽん酢の酸味でキリリとする。
ややあって、味噌の香ばしさが支配する。
味噌はもう少し足してもいいかもしれない。
冷麺は酸っぱくなくてはいけない、というひとには勧めてもよさそうだ。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-05-15 21:14 | 家事・介護


<< Gimlet小辞典(61) 江...      Gimlet小辞典(60) 武... >>