しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 01日

ディープインパクトの順張り

昨日の天皇賞は、ディープインパクトが圧勝しました、
ディープインパクトに順張りしていた方、おめでとうございます。



順張り?
そう、調子のいい馬の馬券を買うのは、株や為替で言うところの『順張り』でしょう。
このところ調子を落としているけれども、そろそろ巻き返してくるかな。
下降トレンドから反転(反発)して、上昇してくるのを”期待”して投資するのが、『逆張り』。
昨日の競馬で言えば、デルタブルースあたりの馬券を買うのは、『逆張り』ではないでしょうか。
競馬の場合は一発勝負、そのレース限りの投資だから、順張りも逆張りもあるか、と言われそうですが、それは違うと思います。
目の前のレースだけで考えるのではなく、その馬や騎手の戦いぶり、調子等を、過去のレースにさかのぼって検討しなければならないからです。
逆に言えば、有力と思える馬(または騎手)は、そのレースぶりをずっと見ておく必要があるということです。
スポーツ新聞や、競馬新聞に印がたくさん付いているからという理由だけで買うのはいけないのです。
「点」で見るのではなく、「線」で見ないといけない。
三冠馬ディープインパクトは連勝の後、圧倒的な支持、人気を背負って出走した昨年末の有馬記念で負けました。
しかし、負けたと言えども、古馬相手の2着でした。
相場で例えれば、「押し目をつけた」ようなものです。
ただ、競馬の場合、押し目でも一口100円の馬券が安く買えるわけではありません。
普通は、一度負ければ人気が落ちて、オッズ、配当が上がり、相対的に、お買い得になるということです。
今回のディープインパクトの場合は、全くそんなことはありませんでしたね。

長くなりましたので、つづきはまた次回に。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-05-01 15:01 | 投資


<< マネー・マネージメント 2      やる気を見せるFX取引会社 >>