しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 28日

逆境に耐える

「勉強して分析する力があれば、血ヘドを吐きながらでも負けていることに耐えられる」



藤巻健史氏の最近の著書に、このようなフレーズがあった。
114円台にまでドル安・円高になった今は、まさに耐えるときだ。
為替でも株でも、含み損を抱えて我慢しなければならないときが必ず訪れる。
そのときに、どう対応するかだ。
いや、そのときのために予め準備しておくべきなのだ。
余裕を持ってロスカットを設定していたはずだが、昨夜は思った以上に相場が下げたので、少々あわててロスカット・ラインをもう一段落とした。
取引会社のシステム不具合のことは既に書いたが、取引システムの悪口を言ってる暇があるのなら、自分のやり方を反省すべきだったのではないかと、目覚めた朝に思い直した。
とにかく、今は我慢。
「月が変われば、ツキも変わる」ことを信じて(笑)
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-04-28 11:00 | 投資


<< Gimlet小辞典(57) 建玉      システムのリスク >>