しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 23日

Gimlet小辞典(54) 歌謡曲

歌謡曲・・・
(1)時代が過ぎ去ってから、じわじわと、しみじみと、その良さが分かる楽曲のこと。
(2)3分間のドラマのこと。



麻生よう子の『逃避行』という曲を、昨日聴いて、いいなぁ~と感じ、ブログで取り上げなくてはと思ってしまった。
病院で母の食事介助をしながら、『ミュージック・フェア』を見ていたのだけれども、その番組中で長山洋子がこの曲を歌っていたのだ。
『3分間のドラマ』がそこにはあった。
昨日の番組内では、メドレーの中の1曲だったから、正確には3分間もなかったけれども。
陳腐な表現になるが、情景が思い浮かぶというか、映像が頭をかすめていくというか、『歌謡曲』とは、そのようなものであった。
奥行きがあり、幅が広く、底が深い。
Jポップと呼ばれるようになっている最近の曲の一群は、どちらかというとデジタル・カメラで切り取られた風景のようで、見た目は美しいのだが、その場の風や匂いや温度が、うまく伝わってこない。
私のイマジネーションが足りないのだろうか。
数十枚、数百枚の切り取られた映像を、サブリミナル効果を狙うように短い時間に次々と見せられる。
物語は自分でつくらなければならない。それも、迅速に。
のんびりとしていれば、情報を処理しきれない。
コンピュータのCPUのような処理能力が要求される。
いきおい、つくりだされる物語は平準化され、うすっぺらいものとなる。
受け手の想像力がパターン化される。送り手の思いとは裏腹に。
いや、楽曲の送り手に、『ほんとうに伝えたい思い』があるのだろうか。
今週のオリコンにランキング・インしている楽曲から、何かを感じ取ることができたあなたは、時代に適応した素晴らしい能力を持った幸せなひとだろう。


コブクロの『桜』の歌は、いいですね。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-04-23 09:39 | Gimlet小辞典


<< マネー・マネージメント      Gimlet小辞典(53) ケータイ >>