しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 28日

うなぎとうめぼし

みなさん、うなぎ食べましたか。
売れ行き不振のうなぎ屋さんに相談を受けた平賀源内が「土用の丑の日」と勝手に決めて販売促進に貢献したというような話があるそうな。
土用の丑の日もバレンタイン・デーもお友達だったようですね。

うなぎと言えば思い出すのが、「うなぎとうめぼし」というフレーズ。




親戚の家に遊びに行ったときに水屋のところに貼ってあった。
「食い合わせ」といって、いっしょに食べるとダメなんだよと教えられた。
「いっしょに食べたらどうなるの? 死んじゃうの?」
「あたりが悪かったらな」
恐ろしかった。ごはんを食べていて死ぬかもしれないなんて。
だから、その紙に書いてあった食い合わせパターンのいくつかは、ある程度の年になるまでしっかりとメモリーされていた。
あまり根拠のないものだと分かったのは、ずいぶんとオトナになってからだったが、「うなぎとうめぼし」、「スイカと天ぷら」の両御大は語呂の良さもあいまって、いまだに気になる組み合わせになっている。
うなぎの弁当を買ったら、うめぼし探索から始めてしまうのは、そろそろやめないといけない。

腹を割って話をする関西と、腹切りは縁起でもないというサムライ文化の関東とでは、うなぎのさばき方が異なるそうだが、名古屋あたりの中部地方ではどうなんだろう。
研修旅行で浜松に行ったことがあって、浜名湖の見える旅館でうなぎも食べたのだが、どんなふうに調理されていたかさっぱり覚えていない。
湖の美しさに心を奪われていたからかな(笑)。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-07-28 21:18 | 揺さぶる言の葉


<< めんどくせぇ~~~!      ささやかだけどたいせつな食事 >>