しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 17日

節目

土曜日に無事、父の納骨を終えた。
雨降りで大変だったが、かえってそれが良かった。



冷たい雨のせいで、早く作業を終えなければという気になって、感慨に耽るどころではなかったのだ。
作業?
そう、厳かな儀式ではなく、ひとつの、ただの作業として、淡々とこなしていた。
まるで農作業か土木作業のように、墓の下に骨壷を納めた。
違うのは、泥がかかったのが作業服ではなく喪服であった、ということくらいだ。

ひと月半前、斎場にて。
申し訳ない、もう少し待ってくれ、無念、仕方ない、淡々とやらなくては、えいっ、どうにでもなれ。
と、様々な感情が瞬時に沸き起こり、ためらいながらもスイッチを押した、あのときほどの辛さがなかった。
雨のおかげだ。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-04-17 20:41 | 家事・介護


<< Gimlet小辞典(53) ケータイ      イースター >>