しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 31日

テレビ界でも卒業シーズン

年度末ですね。
テレビに出ている方々も卒業、異動まっさかりです。



全国ネットから、関西ローカルに戻るアナウンサーや、番組に花を添えていたアシスタントの女性たちの別れ、旅立ちの挨拶にウルウルしてしまいます。
テレビというものは正直に映るものです。
まわりのスタッフに愛されていたのかどうか、こういうときにいっぺんに分かってしまいます。
電気信号だけではなくて、その場の空気が如実に伝わってきます。
卒業・異動する本人も一生懸命に仕事をしていたからこそ、涙も流すのでしょう。
まわりのスタッフも陰で支えていたから、支えてあげたいと思わせられていたからこそ、拍手と花束で送り出すのでしょう。
視聴者そっちのけで身内で盛り上がってんじゃねぇよ、とは言いません。
いつもは辛口派の私でもね(笑)。
こういうのを見ていると、いくらテクノロジーが発達しても、やっぱり手作りなんだな、と思ってしまいます。
良質の番組も存在しています。
意識の持ち方でしょうか。
何か芯が通ったもの、確固とした哲学を持ったものを見たいですね。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-03-31 14:26 | 揺さぶる言の葉


<< Gimlet小辞典(50) グルメ      赤いスイートピー >>