しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 26日

GⅠ、ドバイ、武豊

喪に服するということも、すこしばかりあるのだけれど、最近競馬をやっていない。
正確に言うと、見ているけれども投票していない。
今日はGⅠレースがあったが、見ることさえしなかった。
ただ、海外、ドバイで行われたレースは・・・



ドバイで行われたレースはグレード・レースと呼ぶにふさわしいレースで真剣に見てしまった(JRAのホーム・ページで見ることができる)。
国内では向かうところ敵なしの武豊が、ここではひとりの挑戦者としてレースに臨む。
見ているほうにも緊張感が伝わる。
デットーリをはじめとする各国の名騎手が、前へ前へとポジションを取りに行く。そんな流れだから、武豊も先行策を取る。
だから見ていておもしろい。
国内のレースでは、最初チンタラチンタラと後方をついていって、最後の直線になって、まくり始めるというワンパターンの戦術。
しかし、世界ではそれは通用しない。
無敗の三冠馬、ディープインパクトを、昨年末の有馬記念で負かしたハーツクライは、外国人騎手がそれまでの後方策から先行策に切り替えたのが功を奏した。
ルメール騎手の好騎乗と称えられたが、海外では当たり前なのだ。
先週の阪神大章典。
ディープインパクトが勝利をおさめ見事復活?
ダラダラと流しているようなレースで、少しも見るべきところのないものだった。

期待していなかったユートピアが勝ち、勝ち気マンマンのカネヒキリが敗退。
両方に騎乗した武豊も考えるところがあっただろう。
これから、一段と手強くなる。
ディープインパクトをやっつけたハーツクライがドバイでも勝ち、管理している橋口調教師はユートピアと合わせて、海外で1日2勝もしてしまった。
GⅠでは、ここ最近イマイチの厩舎だったが、侮れなくなってしまった。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-03-26 21:36 | 投資


<< かしわ餅を売るパン屋 2      かしわ餅を売るパン屋 >>