しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 26日

しなやかであることの意義

この本は私に読まれたがっている。
そんな気がして最近買ったのが、五木寛之の『不安の力』。
読み進めていくうちに、こんな文章に出くわす。




竹や柳のように柔らかくしなうものや曲がるものは折れない、堅いものや強いものこそ折れる。

「こころが萎えた状態」というのは、言い換えれば「こころがしなっている状態」で・・・ぱきんと折れてしまう前に重圧をスルリと滑り落としてまた元に戻る・・・

・・・そういう人たちは、まさに『こころ萎えた状態』を感じている。それは、実はこころがしなっているということであり、また、しなやかな生命力が残っていることだ、と考えてほしいと思います。

全編にわたって、不安は悪ではない、不安を受け入れなさい、不安は希望になり、人を支えていく大事な力にもなる、と淡々と語られている。
生きていくための智恵。
そういう考え方もあるのだ。
やはり、出逢うべくして出逢った本であるようだ。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-07-26 22:24 | 揺さぶる言の葉


<< ささやかだけどたいせつな食事      備えあれば・・・ >>