しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 22日

WBCあれこれ

WBC、最後は勝って、スッとしました。
王監督は、やはりデキたひとですね。



貴重な戦力であった井口や城島を取られてしまい、メジャー(リーグ)には一言も二言もあるはずなのに、逆にイチロー、大塚のメジャー組が王ジャパンを引っ張ってくれたと、彼等を賞賛しました。
なかなか出来ないことです。
世界の王は、やはり違います。
松井のことは、「どうでもいい~ですよ~♪」だけど、王監督に4番を任されて、託されて、意気に感じた松中がよく頑張ってくれました。

イチローが恰好いいのは相変わらず。
清原がまだバリバリだったころのオリックスvs西武戦を、グリーンスタジアム神戸で観たことがありますが、その試合が始まる前の練習で、すっかりイチローのとりこになったのでした。
外野の守備練習で背面キャッチを見せてくれたのです。
ただの守備練習なのに、我々観客は大興奮でした。

サッカーよりも野球のほうが日本人向きなのかな、とも思わせるWBCでした。
ひとつひとつ積めていく野球は、碁や将棋のようで、受け入れやすいのかもしれません。
テレビ・ゲームのようなサッカーよりはね。
狩猟民族ではなくて、農耕民族のDNAが色濃く残っているからなのでしょうね、おそらく。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2006-03-22 15:37 | 揺さぶる言の葉


<< 深夜の後悔      今日食べたもの >>