しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 22日

野菜先物、コメ先物

さきほど買い物に行ってきました。
野菜の値段を見てびっくりです。
小松菜は198円で、レタスはなんと298円!でした。




この雪のせいでしょうか。
野菜の流通には天候不順のリスクがつきまといますね。
あまり高くなると買い手がつかなくなり、生産者も苦労されるのでしょうね。
兵庫県北部では漁に出れない日が続いて、松葉ガニの値段が暴騰、という話もありましたが・・・
野菜の生産者の中には、このようなリスクを回避するために先物取引をされている方もいらっしゃるのでしょうか。
大手の生産者であれば、あらかじめ都合のいい値段で先物市場に売っておくということが必要になると思います。
今回は暴騰していますが、逆に野菜が値崩れをおこすリスクもあります。
そのときの損失はかなりなものになるでしょう。

先物取引というと、難しい、損しやすい、いかがわしい業者が暗躍している、だまされる、というようなダーティーなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。
小豆で損したとか、コーヒーで財産を食いつぶしたとか。
『ミナミの帝王』にもそんな話がありましたね。
しかし、もともとは天候に左右されるコメの生産農家のリスクを軽減するために考えられたもののようです(現在はコメの取引は行われていませんが)。
あらかじめ販売価格を決めておけば万が一、不作になっても心配しないですみます。
先物取引を考えた人はえらいですね。
大阪の堂島が発祥の地だそうです。
日本人は経済に疎いなんて言ってたら、この賢き先輩方に笑われちゃいますね。
コメ先物取引復活か、という話がありますが、さてどうなりますやら。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-12-22 15:12 | 投資


<< 情念のフィギュア      Help me! >>