しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 12月 16日

あなたにもできる構造計算のチェック

建築の構造計算偽造問題で揺れていますね。
構造計算は難解なのでチェック出来ないんですよ、というコメントが聞かれますが、はたして本当でしょうか。
少しの知識さえあれば、誰でもチェックできますよ。
そう、あなたにも。



構造計算をチェックするといっても、一から計算をやり直すわけではありません。
そもそも大きな構造物なら今どき計算を手計算でやるはずもなく、コンピュータ(計算ソフト)でやっているはずです。計算をやり直すのではなく、計算の基となっている条件を見直せばいいのです。

条件、計算の設定条件とは・・・
(1)床面にどれくらいの力(荷重といいます)がかかるように設定されているか。
(2)地震時にはどれくらいの荷重がかかるように設定されているか。

一番大きなポイントはこのあたりでしょうか。
豪雪地帯では積雪による荷重も見なければなりませんし、東京タワーのような鉄塔では風荷重も考慮します。
しかし、いずれも荷重の「設定条件」をおさえておけばいいのです。
こんなことなど業界の人間にとっては常識でしょう。
これを知らないとは・・・
車のセールスマンが、「自動車の構造は複雑なので、どうやって走るのかは分かりません。エンジニアに聞いてください」と言ってるのと同じではないでしょうか。
自動車のおおまかな構造は、免許を取るときに皆さんも勉強されたでしょう。建設物の構造計算においても、ほんの基本的なところさえ分かっていればいいのです。
長くなりましたので、今日はここまで。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-12-16 22:43 | 揺さぶる言の葉


<< 今日はツイてる      ロボットのように歩く >>