しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 23日

いわし料理三態

ワンパック100円ほどで売られていた片口いわし。
買ったはいいが、少ししつこくて、一度で食べ切ることができない。
3日に分けて(亘って)食することとなった。



初日は味噌汁。
まずは、ねぎを油でこがす。
香ばしくなれば、いわしといっしょに、鍋でぐつぐつ。
ほんだしを入れ、最後に味噌を加える。
これで、一品出来上がり。
注意点は、味噌を加えてから煮込まないようにすること。
味噌の風味が台無しになってしまう。

二日目は昼食にいただく。
昼食は麺類が多くなる。
今回は、にしんそば、ならぬ、いわしうどん、
フライパンで焼いたいわしをうどんに放り込む。ただそれだけのもの。
フライパンで焼くいわしは気を抜くとボロボロになってしまうが、どうせうどんの中に入れるのだ。大胆に焼いてよろしい。
具がいわしだけだと見た目がイマイチだし、味のほうもえぐそうなので卵をプラスする。
調味料もなにも足さない、まさにプレーンなオムレツを焼いてうどんの上にかぶせる。これで多少は見映えがよくなるし、味もまろやかになる。
片口いわしは柔らかいから、頭も骨もすべてそのままいただく。ねこの出る幕なし。

最終日はオリーブオイルを活躍させる。
魚をオリーブオイルで炒めてイタリアorフランス料理の気分に浸る。
カサゴを料理しているところを今日のテレビ番組で目にしたが、フランスの料理人はやはりオリーブオイルを使っていた。恰幅がよくて指も太い料理人が器用に骨抜きをする様がユーモラスだった。
で、カサゴではなくいわしをオリーブオイルでいためる。と言うか、蒸すような感じで。
予想どおり身がボロボロになり、フライパンの鍋肌にこびりついてしまう。
ここで満を持して小松菜の登場。
ザクッ、ザクッと適当な大きさに切った小松菜をフライパンへ。
オリーブオイルの海で見も心もボロボロになったいわしを小松菜がすくい上げる。「掬う」ではなく「救う」か。
味付けは全くしない。熱すると甘みが出る小松菜が辛苦い(からにがい)いわしを包み込んでほどよくなる。ちょっと違うなと思えば、卵を入れればいい。困ったときには、とにかく卵。

こうして、いわしを使い切る。
ああ、当分見たくもないや(笑)。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-11-23 21:27 | 家事・介護


<< セクシー! もとい! ヘルシー...      とにかくやってみる >>