しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 20日

高橋尚子から運を授かる

東京国際女子マラソンで高橋尚子力走。
見ていて涙が溢れそうになる。
彼女から「気」というか「運」が伝わってくる。
だから、今日は見送る予定だった競馬、マイルチャンピオンシップを思い直してやることにする。



マイルチャンピオンシップ。
ペリエ騎乗、ハットトリックの単勝・複勝を的中させた。
あまり自信がなかったから複勝をいつもより多めに買った。
3着までならあるかなというつもりだったが勝ち切ってしまった。
単勝も的中できたのは高橋尚子のおかげではないかと思っている。

こんなこともたまにはある。
が、決して当てずっぽうではない。
当初、買うつもりはなくても予想はきちんとしていた。
1番人気のデュランダル。
このレースの3連覇が期待されて人気が被っていたが、私はあやしいと疑っていた。
GⅠのような大レースで3年続けて同じ馬が勝つ可能性はきわめて低い。
後方からの追い込みでしか勝つことができないから信頼できない。
池添騎手も追い込みでしか勝てない騎手になってしまっているし、先週スイープトウショウでGⅠを勝っている。毎週GⅠを勝てるような騎手ではない。
今年好調、福永騎乗の3歳牝馬ラインクラフト。
3歳の牝馬ではまだこのレースは厳しい。
3歳馬相手なら男馬でも負かせるが、古馬相手では分が悪い。
デュランダルが1番人気でラインクラフトが2番人気。リスクが高いわりにリターン(配当)が低すぎる。だから買わない。これは投資、賭け事の鉄則。
京都で3勝、1600メートルで5勝と、このレースの条件にぴったりのハットトリックに目をつける。前走の天皇賞は7着だったが最後はいい脚を使っていた。馬はGⅠのペースに慣れたし、騎手のペリエもそろそろGⅠを勝つころだ。
と、このような考えをめぐらせていたのだ。

今日の的中は、おまけみたいな感じで少しも喜べなかった。
高橋尚子の勝利インタビューでの言葉ほどには心を動かされなかった。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-11-20 22:59 | 投資


<< とにかくやってみる      冬がこんなに寒いのは >>