しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 20日

マジックナンバー7

マジックナンバー7と言って、人間が同時に意識できる限界は七つ程度なんです。



たとえば、やかんを火にかけながら、歯を磨きながら、テレビを見ながら、さらに電話をかけて・・・とかやっていたら、いずれ最初のやかんのことを忘れたりしますよね。

池谷裕二糸井重里の対談『海馬 脳は疲れない』にこのような話が出てきました。
たった七つとは少ないですが、ひとつのことに集中するために忘れるようになっているようです。
雑念がいつまでもたまっていたら、何にも集中できない。そのように捉えられています。
しかし、七つというのが興味深いです。
七福神、七人の侍、荒野の七人(これは七人の侍に影響されてできた西部劇)、無くて七癖、七面倒くさい、色の白いは七難かくす、北斗七星、七色の虹等々・・・
七つというのは日常生活に密着した数字ですよね。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-10-20 21:29 | 揺さぶる言の葉


<< 不正アクセス?      求む、張りのある声・とおる声 >>