しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 19日

求む、張りのある声・とおる声

最近、ストレスを感じること。
テレビに出てくるひとの声質。



アナウンサーなのに、キンキンとした発声の若手女子。
若くて少々見た目がよくても、ひいてしまう。
なぜ、こんな奇声をあげるようなアナウンサーばかり出てくるのだろうか。
視聴者のみなさんは、なんとも思わないのか。
NHKアーカイブスに出ている加賀美アナのような語りを聞くとほっとする。
近藤サトのナレーションもよかった。
とにかく、ノイズはいらない。

お笑いブームなのか芸人さんを見る機会が多い。
面白いと思えるものが少ないのは我慢しよう。
センスが私には合わないだけなのだろうから。
南海何某とかアン何某とかでは笑えない。
笑えないのはいいとして、発声だけはなんとかしてほしい。
ボソボソ喋っていても艶のある声ならいい。
ダミ声でも、よくとおる声なら許そう。
とにかく、声に張りがないお笑い芸人が多い。
あぁ、ストレス。

歌うように語れ、語るように歌え。
それ以前の問題だ。
いや、ほんと、気になってしようがない。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-10-19 01:02 | 揺さぶる言の葉


<< マジックナンバー7      個人的にはもう終わったドラマ >>