しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 19日

個人的にはもう終わったドラマ

18時あたりから動きが止まってしまったドル/円チャート。
どこまで上昇するのだろうかと見守っているのだが、さすがに集中力が欠けてくる。
気分転換にテレビを見る。




テレビを見るも、なんだか今ひとつ。
世界に入り込めない。
ドラマ『鬼嫁日記』は2回目にして、もう底が見えた。
これ以上広がっていかないだろう。
『アットホーム・ダッド』は仕事と家事の両立・分担、主夫(主婦ではない)という生き方、幼稚園児の親のコミュニケーション等、さまざまな問題を投げかけた秀作だったが、『アットホーム・ダッド』と同じ町を舞台にした『鬼嫁日記』は中途半端なギャグ・ドラマにおとしめられている。
観月ありさは『ナースのお仕事』のときの輝きがないし、夫役のゴリは嫁に虐げられていても別になんとも思わせない。
滝沢沙織は前にも書いたけれど、『アットホーム・ダッド』のときのキツさが失われて魅力に欠ける。
ゴリが勤めている会社のOLさんがちょっと気になる存在になっているのだけが救い。
と、こんなことを書いている間に、ドルが下がり始めた(笑)。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-10-19 00:32 | 揺さぶる言の葉


<< 求む、張りのある声・とおる声      月9新シリーズのチェック >>