しなやか通信

cafegimlet.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 05日

米倉涼子のごとく潔く

(1)「あの女と別れるの? それとも私を捨てるの?」
   「ごめん。疲れてるんだ。明日にしてくれ」

(2)「あたしと仕事とどっちが大切なのよ!」
   「・・・風呂入ってくる」

(3)「A商事とB工業のどちらにするんだ? 先方に連絡はしたのか?」
   「先生、決めてくれますか?」

(4)「本日のスペシャル・ランチは”産地直送伊勢海老フルコース”と”ウニ・あわび・イクラ三色盛り合わせフルコース”の2種類ご用意しておりますが」
   「う~む。おねぇさん、あなたにまかせるわ」

(5)「浴衣を見せてください」
   「当店では、黒や紺の渋目のものから、愛らしいピンク系のものまで、幅広く取り揃えております」
   「よく売れてるのは、どれですか?」

(6)「あれ~。ここ、さっきとおんなじとこだよ。迷ったのね」
   「うるさい!」
   「右に行くの? 左へ行くの?」
   「おまえが決めろ!」

(7)「民営化に賛成なの? 反対なの?」
   「・・・帰るわ」
   「棄権するの?」

みなさんも、こんな場面に遭遇したことがあるかもしれない。



「あたし、自分で決められないから、あなたが決めて」と甘えてくる女性は、最初はかわいいなと思うが、度を過ぎると・・・
ふたりにとって、とても大事な話なのに、うっちゃって先延ばしにしてしまう男。信頼度が・・・
みんなと同じものを着ていれば安心。本当は、別にもっと自分らしさを出せるものがあるのに・・・
迷ったとき、冷静に判断できない。他人について行く。
そして、国民の代表者が決断を迫られたとき・・・

ドラマ『黒革の手帖』での米倉涼子扮する原口元子の台詞。
「あたしは、自分にふりかかった火の粉は、自分でふり払うの!」
潔くて恰好いいじゃ、ありませんか。
離婚弁護士・間宮貴子も潔さが支持された。
どなたか、某国のギインさんたちに教えてあげてくれませんか(笑)。
[PR]

by Cafe_Gimlet | 2005-07-05 21:10 | 揺さぶる言の葉


<< 笑顔で手をふる(1)       バニラムードのCDデビューはあるのか >>